浮気調査港区 妊娠

港区で浮気調査

妻が不倫で妊娠などしないよう港区で浮気調査の依頼。裏付けが手薄である状態で、妻の密通を抗議して失敗した事例伝達。音声録音機へ採録した奸夫とワイフの卑猥な声。

 

妻の生活が変わり、ボイスレコーダーを鞄に忍び入れたりしておきました。

 

帰ってきて確認してみると、男とセックスしているとしか思えない情事を重ねる声が聞こえてきました。

 

これはもう揺るぎない証左だと決めつけて家内をしているのかもしれない追い込んだら、密会を白状しました。

 

しかしながら、いざ密夫に対して慰謝料主張をしようとすると、突如主張を変化させたのです。

 

モーテルへは自分ひとりで入って、奸夫と一緒ではないと。

 

そんな言い逃れは馬鹿げていると受け止めましたが、弁護士に教えてもらってみても、やっぱり二人でラブホに泊る現場をカメラで撮影するなど記録に取っておかないと、裁判で明らかな浮気のプルーフと決めつけられないとの返答。